BLOG  KIDNEY  WEDDING  KIMONO  MATERNITY  INTERIOR  MAIL  HOME

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミシン縫いプレタ着物をお直し。

変わり織浴衣

変わり織浴衣
よく行くSCで見かけて買った浴衣。
張りのあるシャリっとした生地で、柄もシンプルで可愛い。
お値段も3千円ととっても可愛かった。

黒地で変わり織なので、昼間に夏着物風に着たいと思っていたけれど、オールミシン縫いでした。コレ。
昼間だと光の加減で目立つような気がします。

でも売り場で手に取って見て、軽い試着までしてたのに、その時はミシン縫いだってことに全然気づいてなかったんですけどね。

結局、袖と裾の見える部分は全部ほどいて手縫いで始末し直したんです。
ついでに衿芯(晒しです)も入れました。
ちなみに着物の場合はまつり縫いではなくて、くけ縫いが基本です。
(おばあちゃんに習ったばかりです...
なのに超エラソーですみません。)

くけ縫い以前質問をいただいたので書いてみましたが、表も裏にも糸ができるだけ出ない縫い方のことです。
点線の部分は布に隠れて見えない部分と思っていただければ...伝わるでしょうか?


裄丈と身幅を詰めてみました。

裄丈直し自分の体型に合わないプレタのポリ着物がたまってしまったので、胴回り部分を詰めてみることにしました。

裄を詰めたり出したりのやり方はよく載っているけれど、胴回りはあまり触っちゃいけないのかな?
でもどうせ全部ミシン縫いのプレタ着物。
ほどいてしまって、縫う場合はまんまその逆に縫えばいいんじゃないの???
...ととりあえず袖を取っちゃいました。
身幅部分の糸も解いて(ミシン縫いだからちょっと大変)そしてダダダーっとミシン縫いで身幅を詰めました。

市松着物春コーディネート市松着物春コーディネート裄も詰めつつ無事袖を付け直して、着てみるとやっぱりもたもた感が減るので、着やすいデス。

この着物は安かったけど自分で最初に買った着物になるんです。
なのでどうにかして着てみたかったんです。

...でも...

市松着物春コーディネート


横から見ると市松の柄が合わなくなってました。
こんなに細い市松は変ですよね。
長さばっかり気にしてて柄のことを考えてなかったんです。

もっかいやり直し...
裏地もポリなので本当滑って縫いづらいんですよね。
思ったよりはうまくできたと思うけど、もう一度ほどいて縫い直すと思うとがっくり...
お誂え絞り浴衣通っていた着付け教室を主催していた呉服屋で、絞り浴衣を買いました

せっかくのお誂えだからとサイズを測ってみようと広げて気づいたこと。

ウエストシェイプしてますよね?
畳むと肩幅と裾幅に差があるのがわかります。
「着物は直線」だと思っていたので驚きました。
でもコレ、着付けしやすそう

和裁をしている祖母に聞くと、ちょっと面倒な縫い方らしいです。
写真だとわかりませんが、肩のあたりから微妙に斜めになっているんです。
この方法だと袖を取っちゃわなくても身幅を詰められそうですよね。
きものであそぼの中で著者の遠藤瓔子さんが「着物が大きければ内側から縫えばいいんです。畳むときに三角になりますが気にしなければいいんです。」というような事を書いていたのですが、全然意味がわからなかったんです
こういうことだったのかなー?


重い帯芯を軽い帯芯に入れ替えました。

ヤフオクで購入した帯が重くて固くて...
カチっとして形は綺麗に結べるのですが、辛いので思い切って縫い直すことにしました。

開き名古屋開き名古屋なので帯芯も見えるし触れるのですが、帆布のような素材。
(ワタシもあまり詳しくはないのですが、三河芯と呼ばれるものかな?...)
かなりゴワゴワです。

開き名古屋開き名古屋

お太鼓の部分はさらに二重なっている...
でも芯が固いせいか、糸が絡んだり食い込んだりすることなく、解いて行くのは楽でした。

開き名古屋新しく入れた帯芯はキモノ仙臺屋2号店の共同購入で買った綿帯芯です。
薄めの帯芯なので、たれと帯山になる部分だけ2重にしました。
開き名古屋は綺麗に畳めるので収納は楽だけど、やっぱり結ぶときにちょっと面倒なので、ついでに修正。
普通の名古屋帯のように前帯を綴じました。

かなり軽く扱いやすくなって嬉しい
最初に帯の重さを量っておけばよかったんですが...
とりあえずできあがった帯の重さは406gでした。
取り外した帯芯だけを量ったら...406gでした。アレ?
何度量っても同じ。

実は同じ作りの帯がまだ二つあるんです。
今回意外と簡単にうまく作り直せたので(自画自賛)後の二つも直すつもり。


名古屋帯を二部式作り帯にお直し。

紗の名古屋帯紗の名古屋帯
オークションで購入したリサイクル帯。
刺繍や色合いが好みだったのですが、かなりくたびれてました。
お太鼓部分の色あせ、シミ汚れ、浴衣と思われる藍色が帯芯にまで色移りしていて、とてもそのまま締められるものではありませんでした。

リサイクル帯再生使えなくなってもどうせダメ元だと、またまた素人が再生を試みました

いつも時間のある時に思いつきで始めてしまうので、途中の画像が全然ありませんが...
とりあえずお太鼓部分と前帯部分をカット。
リサイクル帯再生帯と芯をほどきます。
ガーゼのような生地だし、もともと生地そのものが傷んでいるので注意深くほどいたつもりでも随分裂けてしまいました。

やけくそ気味にハイターに漬け込んで洗いました。
かなり汚れていた芯は廃棄。
リサイクル帯再生
生地が裂けたり破けたりしているので、少しでも目立たないように裏になっていた生地と重ねて縫いました。
もともと弱っていた端の生地を、解いたり洗ったりしたせいで避けたため、元よりも帯幅を細く縫って隠しました。
色褪せもちょっとごまかせる感じかな?
リサイクル帯再生
その後前帯部分も同じように芯を取替え、紗生地が二重になるように縫いました。
二部式の作り帯の要領で作り変えて完成。
紗の名古屋帯紗の名古屋帯紗の名古屋帯

急に思い立ったとはいえ、表生地と同じようなグリーンの裏地を用意しておけばよかったと反省。裏の白はけっこう目立ちます。

銀箔は洗った時点で剥がれてしまいました。
剥げて白くなった銀箔があまりに目立つ部分は、ピンセットで抜きました。

多少は汚れが目立たなくなり、何とか締められるようになったと思いますが、作り直してもまだ綺麗だとは言いがたく、夜専用として使いたいと思っています。







 
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。