BLOG  KIDNEY  WEDDING  KIMONO  MATERNITY  INTERIOR  MAIL  HOME

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なでしこショール作ってみました。

千鳥ウールちょうどいい大きさの千鳥柄ウールを見つけたので、前々から作ってみたかったなでしこショールを作ってみました。

なでしこショール
140cmの広幅の生地だったので110cmだけ買って、お値段700円弱。

テレビを見ながらちくちく手縫いしました。
手を入れる部分を作って羽織ってみる...

...何がおかしいんだろう?
何度羽織り直してみても、肩がずり落ちた割烹着のようになるんです。

なでしこショールなでしこショール
普通のショールのように肩にかけるには、サイズが微妙なんですよね。
ショールのように長い長方形でも正方形でもないので...もったりしてしまいます。

結局マント風に肩から羽織るのが一番しっくりきたかも。
こうして布を一枚羽織るだけで暖かいし、何とか使えるかな。


←参考にしたのは「着物まわりの手づくり帖」


なでしこショールとは、なでしこさんという方が考案した簡単に作れるショールのことです。
ワタシってなで肩?なのかな?
可愛く着こなせる人がうらやましー。


ちゃんと着物用のコートが欲しいなって思っていた時、名古屋で素敵な着物姿の女性を見かけました。

その時の和装コート(マント?ケープ?)がめちゃめちゃ可愛かったんです。
細かい黒のギンガムチェックで、ふんわりダウンが入ったような衿元にパステルカラーの刺繍がしてありました。

....これってどこの商品だかわかりますか?
恥を捨ててご本人に聞けばよかったと後悔しました...

モルガンマントモルガンマント

その後似たようなマントをMORGANで見つけて購入。

できるだけ洋服の時も使えるものをと思っているので共用できればいいかな?と。

生地をたっぷり使ったマントではないので、見た目も軽く着易いのですが...
着物に合わせるとこのスリムな形が難点に。

ケープマントケープマント
不自然です...

綺麗に肩に沿うように作られているので、衿を抜いて着る着物の上に羽織ると後ろにずり落ちてしまうんです。

スリムに作られたマントなのでお太鼓がある分、窮屈にさらに後ろに持っていかれます。

失敗した~


ビーズとチャームで羽織紐を手作りしてみました。

ビーズ羽織紐
今年は羽織デビューをしたいと思い、色々羽織紐を探していました。
アンティーク風のチェーンにチャームやビーズのぶら下がった羽織紐を見つけて、意外に簡単にできるのでは?と手作りすることに。
元ネタは鍵と王冠のチャームがついた羽織紐です。

ビーズ羽織紐
結局全然違う雰囲気にはなりましたが、渋めの色を選んでアンティーク風にできあがりました。

留め具はではなくカニカンです。
これだとバッグにつけたり、帯飾りにしたりもできるので。
元ネタと同じ20cmで作りました。

が、実際に羽織を着てつけて見ると長い...
ワタシの悪い癖で出かける当日まで試していなかったせいで、羽織デビュー日には置いてきぼりにしてしまいました。

ビーズ羽織紐
戻ってから全長16cmに作り直しました。
次の機会を早く作らなくちゃ。

チャーム

チャームは本当にたくさん安価で出回っているので、見てるだけでも楽しかったです。
雪の結晶柄のマフラーのチャームが気に入ってます。


天然石で男物羽織紐を手作りしました。

わりと簡単に自分の羽織紐を手作りすることができたので、オット用に男物のどっしりした羽織紐も作ってみました。

羽織紐
材料は全て天然石とシルバーのフローレンスさんで揃えることができました。
天然石も資材も安いです。

   

  

これで全てです。

作り方も載っていたので(羽織紐の作り方ではないですが、ブレスレットの作り方をアレンジしました)参考にさせていただきました。

10分もかからず作れます。
多めに買っていたのでもう一つ作って父にプレゼントしました。







 
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。