BLOG  KIDNEY  WEDDING  KIMONO  MATERNITY  INTERIOR  MAIL  HOME

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無料着付け教室stepup 1.2.3.4回目

先日終了した無料着付け教室のランクアップ教室に申し込み、続けて通うことにしました。
またまた14回無料です。ありがたいです。


【第1回目】無料着付け教室説明会

今回は前回ひと通り習った着付や帯結びのアレンジや、変り結びなどより深く勉強できそうです。
夏の期間で着物から遠のきそうな時期だけに、できるだけ着物を着てでかけたいと思います。

【第2回目】前回の復習

まずは前回の着付け教室で習った着付けの復習。
名古屋帯、袋帯、半幅帯を繰り返し練習しました。

先生の夏着物コーディネート先生の夏着物コーディネート先生の夏着物コーディネート

先生方の夏の装いです。
右側画像の先生に写真撮影をお願いすると「帯締めを白にしたかったのに時間がなくて...」ととても気にしていたので、一応ここに書いときます。
帯も着物も素敵ですごく好みのコーディネートでした。
紬の訪問着って呉服屋さんによく並んでいるけど、すごく贅沢ですよね。


【第3回目】短い名古屋帯(ポイント柄)の締め方

幸い今のところ短い名古屋帯は所有していないのですが、ポイント柄の出し方にはいつも苦労しています。

この着付け教室に通うようになって、着物は「左が格上」という決まりごとを知りました。
着物を着てしまえば見えない腰紐や伊達締めも、左が上になるように結ぶ。
帯締めもポイントがあれば左に来るように結ぶ。
付け下げや訪問着も左袖の前に柄があるので、左が上になるように着る。
このことを知って、着物を着るときに合わせを「右、左どっちだっけ?」と迷うことがなくなりました。

前帯のポイントも真ん中でなく左側にあってもかまわないそうですね。
前帯のポイント柄が左に来るように、ぐっと帯を巻けばお太鼓部分が多く取れるので、お太鼓のポイント柄も出しやすいですよね。

綿麻着物に麻帯綿麻着物に麻帯
綿麻の着物に麻の帯を合わせました。
ちょっと地味な着物ですが、軽くてシャリシャリしているのでとても着易いです。
青と白の小さな水玉がぽつぽつと入っています。

Grazia8月号の表紙に載っていた麻着物×麻帯が素敵でした。
見た目も涼しげなこんなコーディネートに憧れます。


【第4回目】名古屋帯変り結び 角出し(銀座結び)

ずっと知りたかった角出し。
本で見てもイマイチ理解できず...
正直、先生が結んでいるのを何度か見ていても、仕組みが解るまでに時間がかかりました。

銀座結び角出し銀座結び角出し
お太鼓がない分涼しいので、夏には是非やってみたかった結び方。
何とかできるようになりました。
でもまだまだ形を作るのは難しいし、ポイント柄はさらに難しい...
まだコツがつかめてないのか、帯揚げの始末が下手で、いつもシワシワになってしまうのですが...
今回練習用に買ってみたポリの帯締めと帯揚げセットは、帯揚げが全然しわにならず綺麗に結べました。
ちょっと帯締めは固めだけど、安いし丸洗いができるし便利です。


無料着付け教室stepup 5.6.10回目

【第5.10回目】勉強会

着物帯勉強会今回の着付け教室もプログラムの中に2回勉強会があります。
通常は公共の建物の一室を借りて着付を習っていますが、この時は教室を主催している呉服屋さんに出向きます。

今回紋紙というものを初めて知りました。
紋紙の量で出来上がった帯にどのくらいの差が出るのか、実物を見て触って確認させてもらえました。
...面白い

こういうことを知ると着物が高価なのも理解できるような気がします。
参考として見せてくださったきもの文化検定公式教本を2冊とも注文してきました。
きもの文化検定受けようと思います。


【第6回目】名古屋帯の反対巻き結び

今回は名古屋帯の前帯を逆に結ぶ反対巻きの練習。
今まで前帯のポイントを変えたい時は前結びをしていました。
でもしばらくご無沙汰でした。
色々な結び方を詰め込みすぎて混乱しそうなので...

他に半幅帯のアレンジと、帯をねじって結ぶ方法ではなく折りたたむ方法も習いました。
帯が痛まないと友達に聞いていたので、ポイント柄で問題がなければ折りたたみ結びに変えていくつもり。
どんどん自分の一番いい着付けを見つけていきたいと思います。

絽着物コーディネート絽着物コーディネート絽着物コーディネート

今日は濃い色の絽着物にざくざくした荒い織りの夏帯。
夏着物は夏の始めに薄い色、終わりになると濃い色がいいと聞いていたので、涼しさのカケラもないこの着物は今年初めて着ました。
本当に夏着物は着る機会がなく、どうも今回の着付け教室往復が最初で最後になりそう。
次回からはフォーマル着物の講習なので...寂しい。

絽の着物には絽の帯とも聞いていて(常にこういうルールに縛られています...)実はビクビクしながらのコーディネート。
教室で先生に質問したら「絽着物だから絽の帯ってことはないよ。大丈夫」と言って貰えました。

この着物に合わせた帯が必要か?もう夏物は増やしたくないよ...と悩んでいたので一安心。
そうと解るとレインボーカラーのこの帯は何にでも合わせられて万能なんですよね。

先生方の夏着物コーディネート先生方の夏着物コーディネート先生方の夏着物コーディネート

先生方の夏着物コーディネート。
夏塩沢や紗に麻帯や博多織。
どうしても色や柄があるものに目が行くのですが、いつかこんな落ち着いた着物が似合うようになりたいと思います。


無料着付け教室stepup 7.8.9回目

【第7.8回目】付け下げ・訪問着の着方 掛け衿の付け方

今回からは掛け衿を付けた付け下げ・訪問着の着付け。
後は袋帯二重太鼓結びの復習です。

付け下げ&袋帯付け下げ&袋帯
先日ネットで安く購入して自分で縫ったしゃれ袋帯を初めて結んでみました。

着物はしつけがついたままでした...
どこかに出かけるわけではないので、ついつい教室にはしつけ糸がついたまま持参したりしがちですが、講師の先生にその度必ず注意されます。

着物の着始めはドカンと大きな花柄や、逆に小さな格子やドット柄が好きだったのですが...最近はこういう落ち着いた葉の模様が好きです。

付け下げ&袋帯付け下げ&袋帯
パーティで初めて会ったKさん
です。
偶然ステップアップクラスでは同じ時間帯になりました。

江戸小紋のような小さな鶴や扇の柄に、裾模様が入っている付け下げでした。
お子さんの入園式で着られたとか。
おめでたい色と柄でぴったりだと思います。

写真に撮らせてもらって、着物を着た時の姿勢って大事だと感じました。
ワタシももっとお腹に力入れて、スッと立つようにしなくては☆


【第9回目】実技テスト 名古屋帯つのだし

ステップアップクラスで名古屋帯の角出しを新たに習ったので、今回のランチは角出し限定でみんなで出かけます。

茶家茶家ランチ茶家茶家ランチ
9/13なので着物は単衣。
帯や帯締めなどももう夏物ではダメだと言われました...が、とにかくまだまだ暑い。

汗だくで着付けてそのまま車で移動しました。
以前のように着物で歩いたり電車に乗ったりすることがなく残念でした。
写真も撮る時間がなくて...


場所は茶家茶家でした。
建物の中に池があり、上に架かる橋を渡って個室へ。
陶器製の鯉が泳いで(?)ます。

ボリュームたっぷりの昼御膳は、小さめの器に盛られているので着物でも食べやすくお値段もお手ごろです。


無料着付け教室stepup 11回目

今回から留袖や色留袖など、比翼仕立ての着物の着付けを勉強します。

留袖去年のお正月にオット母より「地味だから」という理由で(?)留袖を頂いていたので、教室に持参するつもりで開けてみました。
確かに地味かもしれない...でもこんな柄わりと好き。

さて「比翼仕立て」の意味がわからない...
先生に何度も確認したところ「白羽二重の着物と重ねて着ているように見える仕立て方」とのこと。
平安時代の十二単の名残だそうですね。

でも頂いた着物は普通の仕立て方。
そして別に真っ白な着物が入っていました。
これはどう見ても比翼仕立てではないですね....

急いで実家に戻り比翼仕立ての着物を探して、以前親戚の方が使っていた着物が一枚出てきました。
とりあえず練習用の着物ができたので一安心。
無ければ無いで普通の着物でもいいんだそうですが。


【第11回目】礼装の着付け方 比翼仕立ての着物

留袖比翼仕立ての着物って着づらいですね。
自分サイズじゃないとか関係なく、おはしょりとかモゴモゴしてしまうし...
比翼仕立てでこれだけモタモタしてしまうなら、2枚重ねて着るなんてもっと無理

途中、先生に「その留袖は古い?」と聞かれました。
比翼仕立てになった羽二重の白い部分は、ほとんど見えないように作られるらしいですが、ワタシの持参した留袖は1cm以上丸見え状態。
表地と裏地もなじみが悪く、もたついていました。
和箪笥ではなく、母が押入れの奥から探し出した着物。
随分ほったらかしになっていたんだろうと思います...

着物の裾が「ふいている」状態だと教えてもらいました。

家紋

みんなで留袖で着付け練習をしたので、結婚式の控え室のような状態で華やかでした。
せっかくなので、と紋の名前なども教えてもらいました。

家紋家紋
 ワタシの実家は鬼蔦(オニヅタ)
 オットの実家は蔦(ツタ)

 代わり映えしないなあ...

家紋母が以前「実家の紋の方が好きなんだけど」と言ってたのを思い出しました。
母の実家は下り藤(サガリフジ)

母の旧姓には「藤」という漢字が入るのですが、関係あるのかな?

家紋の画像は家紋研究様よりお借りしています。

女紋創作紋色をつけた紋のギャラリーなど見応えのあるサイトで、最初に見つけた時は時間を忘れて見入ってしまいました。


無料着付け教室stepup 12.13.14.15回目

【第12回目】礼装の着付け方 袋帯の変り結び

袋帯の変り結び
せっかくステップアップしているのだからと、お太鼓&二重太鼓以外の結び方を教わります。

名古屋帯は角出し。
袋帯は扇をつけたような変り結びです。
最後の終了パーティーにも、この二つの結び方どちらかで参加と決められています。

写真はパーティー当日の変り帯結びです。
...かなり苦労しました。
オットに手伝ってもらいながら共同作業の帯結びでしたが、結局オットもワタシも納得いく形にはできず。
個人的に帯を扇形に折ることに抵抗もあります...



【第13.14回目】総復習

終了パーティーに向けて角出しと変り結びを繰り返し練習。


【第15回目】終了記念パーティー

最後は全クラス一緒に集まり終了式となります。
着付け教室終了式*フォーマル着物でパーティー

着付け以外でも色々と勉強になったし、着物友達もできて楽しく通い終えることができました。

帯締め帯揚げセット
前回と同じく今回も皆勤賞をいただきました。

キラキララメラメの帯揚げに大きめ組紐の帯締めのセット。
緑は好きな色なのですが、振袖用?
ワタシが使ってもよろしいのでしょうか?

すごく綺麗な緑なので帯揚げだけでも使わせてもらいます。

帯締め帯揚げセットパーティーまでの間に着付け教室を主催する呉服屋さんで展示会がありました。
購入の予定がないので申し訳なかったのですが、誘っていただいたのでノコノコ出かけて目の保養をさせてもらいました。
その上お土産にショールをいただいてしまいました。

使いやすそうなベロア素材の三角ショールです。
実際にパーティーで羽織っている方を見ましたが、上品で綺麗でした。

教えてもらうばかり、いただくばかりで今回は何も購入せず...
もうワンランクステップアップできるのですが、さすがに次回は呼んでもらえないかな?







 
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。