BLOG  KIDNEY  WEDDING  KIMONO  MATERNITY  INTERIOR  MAIL  HOME

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無料着付け教室stepup 1.2.3.4回目

先日終了した無料着付け教室のランクアップ教室に申し込み、続けて通うことにしました。
またまた14回無料です。ありがたいです。


【第1回目】無料着付け教室説明会

今回は前回ひと通り習った着付や帯結びのアレンジや、変り結びなどより深く勉強できそうです。
夏の期間で着物から遠のきそうな時期だけに、できるだけ着物を着てでかけたいと思います。

【第2回目】前回の復習

まずは前回の着付け教室で習った着付けの復習。
名古屋帯、袋帯、半幅帯を繰り返し練習しました。

先生の夏着物コーディネート先生の夏着物コーディネート先生の夏着物コーディネート

先生方の夏の装いです。
右側画像の先生に写真撮影をお願いすると「帯締めを白にしたかったのに時間がなくて...」ととても気にしていたので、一応ここに書いときます。
帯も着物も素敵ですごく好みのコーディネートでした。
紬の訪問着って呉服屋さんによく並んでいるけど、すごく贅沢ですよね。


【第3回目】短い名古屋帯(ポイント柄)の締め方

幸い今のところ短い名古屋帯は所有していないのですが、ポイント柄の出し方にはいつも苦労しています。

この着付け教室に通うようになって、着物は「左が格上」という決まりごとを知りました。
着物を着てしまえば見えない腰紐や伊達締めも、左が上になるように結ぶ。
帯締めもポイントがあれば左に来るように結ぶ。
付け下げや訪問着も左袖の前に柄があるので、左が上になるように着る。
このことを知って、着物を着るときに合わせを「右、左どっちだっけ?」と迷うことがなくなりました。

前帯のポイントも真ん中でなく左側にあってもかまわないそうですね。
前帯のポイント柄が左に来るように、ぐっと帯を巻けばお太鼓部分が多く取れるので、お太鼓のポイント柄も出しやすいですよね。

綿麻着物に麻帯綿麻着物に麻帯
綿麻の着物に麻の帯を合わせました。
ちょっと地味な着物ですが、軽くてシャリシャリしているのでとても着易いです。
青と白の小さな水玉がぽつぽつと入っています。

Grazia8月号の表紙に載っていた麻着物×麻帯が素敵でした。
見た目も涼しげなこんなコーディネートに憧れます。


【第4回目】名古屋帯変り結び 角出し(銀座結び)

ずっと知りたかった角出し。
本で見てもイマイチ理解できず...
正直、先生が結んでいるのを何度か見ていても、仕組みが解るまでに時間がかかりました。

銀座結び角出し銀座結び角出し
お太鼓がない分涼しいので、夏には是非やってみたかった結び方。
何とかできるようになりました。
でもまだまだ形を作るのは難しいし、ポイント柄はさらに難しい...
まだコツがつかめてないのか、帯揚げの始末が下手で、いつもシワシワになってしまうのですが...
今回練習用に買ってみたポリの帯締めと帯揚げセットは、帯揚げが全然しわにならず綺麗に結べました。
ちょっと帯締めは固めだけど、安いし丸洗いができるし便利です。




Message Please











ランクアップ着付け教室



 
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。