BLOG  KIDNEY  WEDDING  KIMONO  MATERNITY  INTERIOR  MAIL  HOME

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無料着付け教室stepup 11回目

今回から留袖や色留袖など、比翼仕立ての着物の着付けを勉強します。

留袖去年のお正月にオット母より「地味だから」という理由で(?)留袖を頂いていたので、教室に持参するつもりで開けてみました。
確かに地味かもしれない...でもこんな柄わりと好き。

さて「比翼仕立て」の意味がわからない...
先生に何度も確認したところ「白羽二重の着物と重ねて着ているように見える仕立て方」とのこと。
平安時代の十二単の名残だそうですね。

でも頂いた着物は普通の仕立て方。
そして別に真っ白な着物が入っていました。
これはどう見ても比翼仕立てではないですね....

急いで実家に戻り比翼仕立ての着物を探して、以前親戚の方が使っていた着物が一枚出てきました。
とりあえず練習用の着物ができたので一安心。
無ければ無いで普通の着物でもいいんだそうですが。


【第11回目】礼装の着付け方 比翼仕立ての着物

留袖比翼仕立ての着物って着づらいですね。
自分サイズじゃないとか関係なく、おはしょりとかモゴモゴしてしまうし...
比翼仕立てでこれだけモタモタしてしまうなら、2枚重ねて着るなんてもっと無理

途中、先生に「その留袖は古い?」と聞かれました。
比翼仕立てになった羽二重の白い部分は、ほとんど見えないように作られるらしいですが、ワタシの持参した留袖は1cm以上丸見え状態。
表地と裏地もなじみが悪く、もたついていました。
和箪笥ではなく、母が押入れの奥から探し出した着物。
随分ほったらかしになっていたんだろうと思います...

着物の裾が「ふいている」状態だと教えてもらいました。

家紋

みんなで留袖で着付け練習をしたので、結婚式の控え室のような状態で華やかでした。
せっかくなので、と紋の名前なども教えてもらいました。

家紋家紋
 ワタシの実家は鬼蔦(オニヅタ)
 オットの実家は蔦(ツタ)

 代わり映えしないなあ...

家紋母が以前「実家の紋の方が好きなんだけど」と言ってたのを思い出しました。
母の実家は下り藤(サガリフジ)

母の旧姓には「藤」という漢字が入るのですが、関係あるのかな?

家紋の画像は家紋研究様よりお借りしています。

女紋創作紋色をつけた紋のギャラリーなど見応えのあるサイトで、最初に見つけた時は時間を忘れて見入ってしまいました。




Message Please













 
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。