BLOG  KIDNEY  WEDDING  KIMONO  MATERNITY  INTERIOR  MAIL  HOME

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お着物デビュー*初★紬着物コーディネート

実家に戻る機会があったので、和箪笥を覗いてみました。

初めて自分で選んだ付け下げ

グレーの付け下げ祖母に作ってもらった振袖は成人式で、色無地を友人の結婚式で着せてもらった記憶はありましたが、実はそれだけ。
それ以外にも何着か縫ってもらっているのに、きちんと見たことはなかったんです。

グレーの付け下げ実家の和箪笥の畳紙の中身をひとつひとつ見てみたら、ワタシの名前の書かれた畳紙の中に普段に着る紬やウールもありました。

その中にひとつ、えらく地味なグレーの着物を見つけて、ちょっと中身を見てみたら見覚えのある柄...
ワタシ自身が選んで祖母に縫って貰った付け下げでした。
若かったから洋服感覚で地味な色柄を選んだんでしょうね。
おばあちゃんになってからも着られそうな着物です。

クローバー柄の雨コート

クローバー柄の黒い雨コート他にも色々見ていたらすごく可愛いクローバー柄のお着物♪
クローバー柄の雨コート...と思ってよく見るとこれは雨用のコートでした。
黒い雨コートなんて可愛くないですか?
早速持って帰ろうとしたらこれは母のものらしく「ダメ」と却下されてしまいました

これは祖母が母のために作ったものらしいので残念ですが機会を待ちます。
でも仕付けついたままでしたよ...

本当に一通りの着物が揃ってました。
ほとんど祖母が誂えてくれた着物です。
なのにしつけが付いたままのものばかりで、今まで着ることはおろか、見たこともなかったなんて...

今年になって急に着物が着たいと思うようになって、着付け教室にも通って、家では何度も脱いだり着たりしてたけど、自分で着て外に出たことはまだありません。

着物を着てまず最初に祖母に見せたいと思ってました。

祖母は昨年末に足を骨折してしまい手術が必要だったためまだ入院中。
着物を着て祖母のお見舞いに行くことにしました。

病院なので不謹慎にならないように、浮かれてるっぽくならないように地味目の紬の着物にしました。
この着物も帯ももちろん祖母にいただいたもの。
畳紙にワタシの名前が書いてあったのを見て、嬉しいけれど何だか情けないような気持ちになりました...
この着物も今回の帰省で初めて見たものなんです。
本当に申し訳ないです。

初めての着物でおでかけ

春着物コーディネート春着物コーディネート春着物コーディネート

...でも着物を着る前の日には一式出してきちんと準備しないとダメですね。

襦袢と着物の袖丈が合わないことに、着てから気付いたんです。
実家にこの着物用の襦袢がなかったので、急遽振袖用の襦袢を出してきてしつけ糸で縫ってます。
...袖がモタモタしているのはそのせいなのです。

祖母は思ったよりずっと元気でよかったです。
初めての入院ってことで精神的にまいっているかと心配してたけど、よくおしゃべりをして、よく笑ってました。

でももうずっと前から着物は縫ってもらうことはできなくなってます。
最近愛読してる七緒で和裁士の特集があったけど「体全部がミシン」だそう。
全身を使って縫う力仕事なんですよね。
今まで作ってもらった着物を大切に着て、もっと着物姿見てもらいたいと思います。
ジョーバ
実はこの後、祖母が「まだまだ着物縫えるよ」と和裁を再開。
一緒に浴衣を縫いました。
両親が今はまっているジョーバです。
朝晩15分毎のコースを1ヶ月続けたところ、母のウエストが○センチ引き締まったとか...
ワタシも両親の家に行くたびにまたがっています。
...この横座りも意外に脇腹に効きます...




Message Please













 
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。